NEWS

営業・マーケティングの話題

  • 2019.07.03

    茨城県は、内閣府、経済産業省と共催で宇宙ベンチャーの創出・誘致や宇宙ビジネスへの参入促進を目的とした「いばらき宇宙ビジネスサミット2019」を開催します【リリース】。昨年12月に開催されたのに続くもののようで、宇宙ビジネスの敷居を下げ、新たな挑戦を喚起する考えです。普通の新規事業でも軌道に乗せるのに骨が折れますが、空の上だとどんな事業がものになるのか興味が尽きません。
    https://www.value-press.com/pressrelease/223984

  • 2019.07.02

    システム開発等のニーリーは、富士そばを運営するダイタン企画と連携し、映像解析AIを活用した実証実験を実施しました【リリース】。券売機に外付けのWEBカメラを設置し、映像解析AIを用いた来客者の情報と券売機の売り上げデータを照合して年代や性別ごとの嗜好を分析できたそうです。この調子では、小職の顔がかけうどんしか購入しないケチ属性持ちとしてクラウドに登録されてしまうのも待ったなしです。
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000045…

  • 2019.07.01

    博報堂生活総合研究所は、男女1万人を対象に実施した「平成の消費観・消費行動に影響を与えたもの」に関する調査の結果をまとめました【リリース】。1位は「携帯電話・スマートフォン」となりました。男女差の大きい項目に着目では、男性では「パソコン(男性2位:39.3%、女性5位:32.5%)」「コンビニエンスストア(男性6位:20.6%、女性15位:16.1%)」、女性では「100円均一ショップ(男性4位:31.5%、女性2位:39.9%)」、「ファストファッション(男性7位:18.3%、女性6位:26.7%)」となり、男性では便利さの影響が大きく、女性ではお得さの影響が大きい結果が出ています。お得で便利なものがヒットの近道となりそうですが、そう簡単に思いつくものでもないのでしょうね。
    https://seikatsusoken.jp/report/13881/

  • 2019.06.28

    ポータルサイト運営等のNTTレゾナントは、「gooウェブ検索」の2019年上半期検索ランキングを発表しました【リリース】。「商品/サービス」のカテゴリでは「ワークマン」が1位でした。関連検索キーワードは「店舗」が最多となり、ワークマンで買い物をするために近くにある店舗をユーザーが検索していたのではないかと考えられるようです。以前のワークマンの印象は車じゃないと行きにくい場所にお店があった程度でしたが、近年のブレイクには学ぶところが多いです。
    https://pr.goo.ne.jp/goo/2019/24564/

  • 2019.06.27

    回転すしチェーンのあきんどスシローは、店舗オペレーションの省力化を強化した「次世代型」店舗を開業しました【ITmedia】。自動受付・案内システム、画像認識による自動皿会計システム、オペレーション効率の向上や負担軽減を実現するキッチン内オートウェイター、セルフレジでの自動精算、自動土産ロッカーといった最新技術を採用しています。顧客満足度の向上と人手不足への対応として実施されるそうですが、初期投資さえクリアできれば全店舗に導入して人件費を抑えた高収益企業が誕生するのではという気もします。
    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1906/2…

営業リスト総合ページ